このページの本文へ移動

合理的・効率的な働き方改革!まずは文書の電子化から文書データ化代行サービス

重要なお知らせ

紙書類、帳票を弊社に送付いただくだけ!
文書データ化業務代行はお任せください。

こんなお悩み抱えていませんか?

  • 繁忙期になると、多くの紙書類を手入力で行っているため、1日の大半をデータ入力作業に使っている。
  • OCRを導入検討したが、繁忙期のみの利用だと、年間利用料が発生するAI-OCRだと費用対効果が出にくい。
  • 複雑な帳票であるため、OCRでは読み取り設定ができない。

その悩み、文書データ化代行サービス
全面バックアップ。
御社のお悩みをサポートいたします。

緊急のお知らせ

ニュースリリース

お知らせ

セミナー・イベント

3つのポイント

ポイント 01

イベント業務の稼動削減を実現。稼働の平準化を行うことができる。

ポイント 02

入力作業がなくなり、チェックを行うだけになったことでコア業務へ人員を配置できる。

ポイント 03

過去の紙で保存していた書類を電子データで保存できる。

サービス概要

帳票を弊社にご送付いただくだけで業務を代行。
ご送付いただいた帳票をデータ化し、CSVファイルを出力。少ない稼働で正確なデータファイルを納品いたします。
受領からデータ化までをお客さまのご要望に沿う形で弊社にて万全サポートいたします。

サービス導入後イメージ

データ化代行サービス業務フローの例

  1. ※上記はあくまで一例となります。
  2. ※業務フローや納品形式などはお客さまに合わせて変更可能です。弊社の営業担当へお気軽にご相談ください。

導入までの流れ

現状の業務、課題をヒアリングし、それぞれのご要望に沿う形でお客さまを万全サポートいたします。

STEP1 概要説明
  • データ化代行サービスの概要説明
  • 参考業務フローの提示
  • 導入ステップの提示
STEP2 ヒアリング
  • 帳票の種類・枚数を確認
  • 御社の現状業務を確認
STEP3 詳細提案
  • データ化代行サービスの業務フローを提示
  • 御社の仕様を確認
STEP4 費用提示
  • 初期費用の提示
  • 運用費用の提示
STEP5 契約
  • 契約書の締結
STEP6 業務・システム
  • 業務詳細の設計
  • システム設定
STEP7 サービス提供
  • データ化代行サービスのオペレーションを開始
  1. ※業務設計に伴う確認事項
    業務設計を行うにあたり、以下事項の確認が必要になります。ご回答によって御見積金額が変動しますので、ご確認をお願いいたします。
確認事項 内容
帳票種類 データ化を行う帳票の種類
各帳票種類ごとの枚数 データ化を行う帳票種類ごとの枚数
読み取り箇所数 各種類の帳票ごとにデータ化が必要な個所数
帳票受領の形式 お客さまから弊社へご送付いただく帳票の形式(PDF/紙)
納品ファイル形式 弊社からお客さまへ納品するデータのファイル形式(PDF/紙)
納品方法 弊社からお客さまへの納品方法(クラウド上で送付/物理記録媒体の郵送)
データ受領・納品間隔 お客さまからデータをいただき、弊社が納品する間隔
例:月に1回(月初受領、月末納品)
  週に1回(週初受領、週末納品)

関連事例

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら