このページの本文へ移動

クラウド録画カメラサービス
coomonita(コーモニタ)

重要なお知らせ

【重要】サービスに関するお知らせ

豪雨災害、河川氾濫に対応されている
自治体のみなさま

  • 増水時、職員の巡視の
    危険を回避したい

    危険な増水時の
    河川状況を遠隔から監視し、
    職員の巡視の
    危険回避につなげる

  • リアルタイムに河川の
    状況を把握したい

    リアルタイムに
    状況を把握することで、
    住民の避難指示等の
    早い判断につなげる

映像をリアルタイムで監視!

カメラで撮影した映像を
クラウド上で管理して
いつでも・どこでも、確認!

クラウドカメラ映像を遠隔監視し、安心なまちづくりを実現!

  1. ※クラウド録画カメラサービス「coomonita(コーモニタ)」はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
  2. ※NTTビジネスソリューションズ株式会社は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供する
    「coomonita(コーモニタ)」の販売パートナーです。
  3.  
coomonita コーモニタ

クラウドカメラ映像を遠隔監視し、安心なまちづくりを実現!

  1. ※クラウド録画カメラサービス「coomonita(コーモニタ)」はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
  2. ※NTTビジネスソリューションズ株式会社は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供する
    「coomonita(コーモニタ)」の販売パートナーです。 
  3.  

利用イメージ

導入イメージ

A自治体さま

導入目的
  • 数年に一度氾濫していた小規模河川を
    リアルタイムかつ遠隔から監視する必要があった
  • 低価格で住民に映像開示できるサービス
    求められていた
導入効果
  • 今まで人を派遣して氾濫危険度を確認していたが、遠隔での監視が可能になり
    危険を回避しつつコスト削減を実現できた
  • オプションの動画配信機能で
    近隣住民も映像を手軽に確認することができるようになった
    ※動画配信機能はオプション料金としての追加となります
  • 役場からでも役場を離れていても、遠隔で河川の映像をリアルタイムに
    確認することができ、避難勧告の判断を的確にできるようなった
河川監視カメラ
監視カメラから撮影した河川画像

導入のポイント

  • 高画質!

    綺麗でなめらかな映像
    (HD×30fps)

  • 高セキュリティー!

    通信/録画映像暗号化
    カメラへの直接アクセスを遮断

  • 低価格!

    カメラ本体 52,600円~(税込57,860円)~
    サービス月々 1,200円~(税込1,320円)~
    ※2022年7月時点の料金です。

  • 大事な動画の保存や
    ダウンロード、倍速変換
    (タイムラプス)可能

  • 複数カメラのマルチビュー、
    PTZ機能(リモート操作)も対応

  • 動体検知や音検知、複数ユーザーの
    同時閲覧等の豊富な設定項目

  • ※初期設置工事費用については、環境に応じて個別でお見積りさせていただきます。

クラウド録画カメラサービス「coomonita(コーモニタ)」で、
地域住民の被害を軽減させるお手伝いをさせて下さい

ニュースリリース

お知らせ

セミナー・イベント

関連事例

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら