このページの本文へ移動

αCTI 通話・料金管理システムシステム構成

  1. ※ 「統計オプション」のご利用には「αCTI 通話・料金管理システム Ver.6.0.0以上」が必要です。別途ご購入ください。
  2. ※ αA1は、CCU Ver6以上が対象となります。

推奨動作環境

項目 推奨動作環境
OS Windows 8.1(32bit/64bit):with Bing / Pro
Windows 10(32bit/64bit):Pro / Enterprise
CPU 2GHz以上
2コア以上
メモリー 4GB以上
HDD 10GB以上の空き容量(OS動作に必要な容量を除く)
ディスプレイ 画面解像度
Windows 8.1の場合:1366×768ピクセル以上
Windows 10の場合:1366×768ピクセル以上
その他 αCTI 通話・料金管理システム Ver.6.0.0以上(統計オプションのみ)
LANインターフェイス
CD-ROMドライブ
アナログ回線の場合、NTTナンバー・ディスプレイへの加入。
着信自番号ごとの統計をとりたい、かつ、アナログ回線/ISDN回線の場合 、ダイヤルインサービスへの加入
  1. ※ 使用データ量により動作環境条件は変動します。
  2. ※ 本システムが動作するには、Windows 8.1/10が動作する必要があります。
    Windows 8.1/10の推奨動作環境については、Microsoftの公式ホームページでご確認ください。
  3. ※ αA1については、CCU Ver6以上が対象となります。
  4. ※ αNX/αNXⅡ/αN1/αA1/αZXはNTT東日本およびNTT西日本製Netcommunity SYSTEM αNX/αNXⅡ、SmartNetcommunity αN1/αA1/αZXの略です。
  5. ※ Windows®は、米国Microsoft.Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  6. ※ NTTナンバー・ディスプレイサービスとダイヤルインサービスはNTT東日本およびNTT西日本の電話オプションサービスです。別途ご契約ください。
  7. ※ 着信自番号とは、電話がかかってきたときに、相手がかけた電話番号(主装置に収容されているご契約電話番号)になります。
  8. ※ αZXのL-Typeについては現在検証中です。

関連事例

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら