このページの本文へ移動

AQStage 無線LANクラウド解決できる課題

解決案
「AQStage 無線LANクラウド」による
解決案をご提案します

無線アクセスポイントの運用管理が難しい

複数箇所の運用管理に稼働がかかってしまう

無線アクセスポイントを一元管理できる、無線LANコントローラーを導入

通常、無線アクセスポイントの設定作業など運用管理をする際には、その無線アクセスポイントを直接コントロールできる場所まで移動することが必要になります。
無線アクセスポイントの設定作業など運用管理をする際には、それぞれ一台ずつ設定変更しなければならず、場合によっては直接コントロールできる場所まで移動することが必要になり、稼働のコストになりうるものでした。
それを解決するのが無線LANコントローラーです。
こちらであれば、複数箇所に設置している無線アクセスポイントを一元管理できるようになるので、運用管理の利便性が向上します。

一元管理とは

無線アクセスポイントの設定やファームの更新などクラウド環境から遠隔で実施。複数拠点に多数設置された無線アクセスポイントを一元管理できます。


高額のコスト・初期設定稼働がかかる

無線LAN機器導入や初期設定作業に多額の費用がかかるのでは...

初期設定済の無線アクセスポイントであれば、
少ない初期投資ですぐに利用可能

無線アクセスポイントを購入するためには纏まった費用を確保していただく必要があります。
また、初期設定も必要になるので、
導入時に誰が設定するか検討する必要もあります。
それを解決するのが初期設定済の無線アクセスポイントです。
弊社のサービスであれば初期設定済の無線アクセスポイントを月額単位で提供し、無線アクセスポイントを設置する場所まで運搬するため、少ない初期投資で設置後すぐにご利用いただくことができます。


セキュリティー環境への不安

無線LANを導入すると容易に覗き見されるのでは...

法人向け無線アクセスポイントを導入して、強固なセキュリティー環境を実現

今後さらに情報セキュリティーを守ることが重要になります。
無線LAN導入が広がる中、情報漏えい対策として法人向けの無線アクセスポイントが注目されています。
エンタープライズ利用が可能なセキュリティー機能を持つ無線アクセスポイントを導入すれば、各種認証方式やほかのクライアント端末を覗き見できないようにする無線セパレーター機能を利用することができます。


不安定な運用環境

無線LANは干渉などが原因で簡単に途切れてしまうのでは...

無線LANを安定して運用できる各種機能を活用

無線LANの通信は、干渉対策やローミングなどさまざまな機能を活用しなければ、安定して運用するのが難しいと考えられます。
弊社のサービスでは安定した通信を実現する各種機能を合わせて
提供しております。

活用シーン
「AQStage 無線LANクラウド」は幅広い業界・業種で活用されています

販売業での集客アップ・顧客満足度向上

企業でのコスト削減

医療機関でのサービス向上

教育機関でのICT教育促進

活用シーンを詳しく見る

関連事例

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら