このページの本文へ移動


ESP:Endpoint Security Platform
(企業や自治体などに提供する端末セキュリティ運用支援サービス)
MC-SOC ESP

重要なお知らせ

MC-SOC ESPの3つのポイント

ポイント 01

ビジュアライゼーション

管理対象端末・非管理端末の可視化。

ポイント 02

デプロイメント

セキュリティパッチの配信並びに運用・インストールの実行

ポイント 03

ディテクション
&レスポンス

セキュリティーインシデントの検知および初動対応

MC-SOC ESPのサービス概要

NTTビジネスソリューションズは、日々高度化・巧妙化するサイバー攻撃への対策について、端末のセキュリティー管理(エンドポイントセキュリティー)で高い技術力を持つタニウムと連携し、システム管理負担を軽減するパッケージ型サービスをご用意しています。

MC-SOC ESPは、NTTビジネスソリューションズのMC-SOCとタニウムの統合エンドポイント管理プラットフォームを活用した、お客さまのネットワークに接続される端末を管理することが可能なクラウドサービスです。
本サービスの活用により、テレワークなどによりインターネット経由で接続される端末も一元管理でき、システム管理の効率化や運用負担の軽減が可能となります。

MC-SOC ESPのサービス概要

緊急のお知らせ

ニュースリリース

お知らせ

セミナー・イベント

MC-SOC ESPの特長

特長 01

ビジュアライゼーション

管理対象端末・非管理端末の可視化

端末にエージェントソフトウェアをインストールすることで、管理対象端末のハードウェア情報、ソフトウェア情報、利用者情報、セキュリティパッチ適用情報など様々な情報の収集と可視化を行います。
あわせて、エージェントソフトウェアがインストールされていない端末を可視化し、社内の利用承認を受けていない端末(非管理端末)の検出も可能となります。
これにより、今までシステム管理者が手動で実施していた端末管理稼働を軽減し、非管理端末を可視化することで、セキュリティーレベルの向上を図ることが可能です。

特長 02

デプロイメント

セキュリティパッチの配信並びに運用・インストールの実行

管理端末に対し、定期的なセキュリティパッチを適用、および任意のソフトウェアの配信・インストールの実行が可能となり、システム管理者や利用者の運用稼働の軽減を図ることができます。
また、パッチ適用やソフトウェアインストールなどの際、タニウムの特許取得済みの独自プロトコルと独自アーキテクチャーの活用により、効率的なファイル配信を行い、配信状況を可視化します。

特長 03

ディテクション&レスポンス

セキュリティーインシデントの検知および初動対応

セキュリティ監視においては、NTTグループが独自に入手したセキュリティー脅威情報に基づいて、セキュリティー脅威の侵入を監視します。
マルウェア感染などのセキュリティーインシデントが発生した場合は、NTTビジネスソリューションズが当該端末の論理ネットワーク隔離などによる初動対応を実施します。
MC-SOCの24時間365日オペレーションを活かし、迅速に被害拡大の防止措置を支援し、セキュリティーインシデント発生時のシステム管理者の稼働を軽減することが可能です。

サービスメニュー

標準サービス
ビジュアライゼーション 管理対象端末のハードウェア情報・ソフトウェア情報・セキュリティパッチ適用情報などの収集、可視化
非管理端末の検出
デプロイメント セキュリティパッチの適用、任意のソフトウェアの配信・インストール
オプションサービス
ディテクション
&レスポンス
セキュリティー脅威の監視、インシデント初動対応、被害拡大防止措置の支援

提供料金

メニュー 初期費用 月額費用
標準サービス ビジュアライゼーション 561,000円(税込) +
各サービスの月額費用
1か月分※1
561~1,320円(税込)/端末1台※2
デプロイメント
オプションサービス ディテクション
&レスポンス
220~330円(税込)/端末1台※2
  1. ※1 オプションサービスについては、契約期間の途中でお申し込みの場合は個別見積となります。
  2. ※2 端末台数に応じて単価は変動します。対象端末台数:1,000~10,000台(1,000台未満の場合は、個別にお問い合わせ願います)

関連事例

関連製品

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら