このページの本文へ移動

- Bizナレッジ -調査レポート

サプライチェーン攻撃に関する市場調査レポート

関連キーワード:

 昨今、サプライチェーン攻撃※1が多発しており、業務が一時停止するなど生産ラインへ影響を及ぼす被害も発生しています。NTTビジネスソリューションズは、そのような中、サプライチェーン攻撃に対する対策状況や課題意識を把握するため、企業に勤務する方にアンケート調査を行いました。その調査結果と分析内容 をレポートにまとめましたので、下記よりダウンロードいただき、ぜひご覧ください。

  • ※1 サプライチェーン攻撃とは
    標的とする企業に対して直接サイバー攻撃を行うのではなく、セキュリティー対策が手薄な関連企業や取引先企業を経由して、標的とする企業へ不正侵入をするサイバー攻撃です。

biz_mcsocesp_anketoreport2_w1000h500_0509reportDL.jpg

調査レポートダウンロード

調査概要

調査対象 全国各都道府県在住の個人
調査方法 Webアンケート
調査期間 2022年4月14日~2022年4月17日
有効回答者数 1,000人(スクリーニング対象者数:10,000人)

主な調査内容

  • サプライチェーン攻撃被害経験とマルウェアに対する危機意識
  • マルウェアに対する危機意識(役職別)
  • セキュリティーインシデントに対する課題感(役職別)
  • サイバー攻撃被害発生時のサプライチェーンへの影響認識(役職別/業種別/従業員規模別/販売先・売上先数別/本社所在地別)

調査目的

サイバー攻撃が高度化する中、様々な企業が様々なセキュリティー対策を講じています。しかし、攻撃者は、対策が十分である大規模な企業を直接狙うのではく、対策が比較的弱い取引先などを狙ったサプライチェーン攻撃をしかけており、被害が多発しています。これにより、サプライチェーンに属するあらゆる企業が影響を受け、業務が一時停止するなどの状況に追い込まれています。
本調査は、サプライチェーンにおける自社の立ち位置や、自社がサプライチェーン攻撃にあった際の影響範囲や自社のセキュリティー脅威への意識を調査し、レポートとして公表することで、企業のセキュリティー対策を促進する一助となることを目的としています。

調査結果の概要(一部)

「マルウェアに対する危機意識(役職別)」では、役職別でマルウェアに対する危機意識に大きな差異があることが判明

「サイバー攻撃被害発生時のサプライチェーンへの影響認識(役職別)」では、自社がサプライチェーン攻撃の被害にあった際でも、3割以上の経営層・役員が「サプライチェーンに影響はない」と回答し、他の役職層と大きな隔たり

「サイバー攻撃被害発生時のサプライチェーンへの影響認識(従業員規模別)」では、従業員5,001人以上の大企業であっても、自社がサプライチェーン攻撃の被害にあった際でも、3割強がサプライチェーンへの影響を「ない」「把握していない」と回答

biz_mcsocesp_anketoreport2_w1000h500_0509reportDL.jpg

調査レポートダウンロード

関連コンテンツ

企業の端末管理に関する市場調査レポート
https://www.nttbizsol.jp/knowledge/security/202202181200000522.html

サプライチェーン攻撃リスク簡易診断キャンペーン
https://www.nttbizsol.jp/newsrelease/202205191500000602.html

関連製品

MC-SOC ESP (Endpoint Security Platform)
https://www.nttbizsol.jp/service/operation-esp/index.html

MC-SOC ESPに関するお問合せ
https://form.nttbizsol.jp/inquiry/operation-esp

Bizナレッジトップ