このページの本文へ移動

AQStage 仮想デスクトップ特長

特長 01
セキュリティー・働き方改革等の課題を解決する多彩な機能

「AQStage 仮想デスクトップ」では、セキュリティー・働き方改革・BCP対策・運用負荷軽減に貢献する多彩な機能を提供しています。

セキュリティー強化

インスタントクローン方式

インスタントクローン方式は、「簡単に、楽に、設定変更を全台適用」することができます。
これにより、セキュリティー脆弱性パッチ等の反映時間を短縮し、セキュリティーリスクを軽減します。
また、「簡単に、意識せずに、クリーンな環境にリフレッシュ」できるため、さらにセキュリティーリスクを軽減することができます。

インスタントクローン方式の仕組み・メリットを
詳しく知る

エージェントレス型アンチウイルス

ウイルス等に感染した場合も、ウイルスチェックを行うことでセキュリティーリスクを低減します。
エージェントレス型アンチウイルスでは、仮想デスクトップ外でウイルス検索等の処理を行うため、OSインストール型と比較し、仮想デスクトップへの負荷を軽減します。
セキュリティー強化を行いつつ、快適な仮想デスクトップ環境を両立します。

分散ファイアウォール

ウイルスやマルウェアは日々増加しています。
仮に、新しい未知のウイルス等に感染した場合でも、仮想デスクトップ間の通信制限により、その拡大を防止します。

働き方改革・BCP対策

リモートアクセス

場所・デバイス・ネットワーク回線を選ばずにアクセス可能な仮想デスクトップ環境を実現します。
また、別途ご用意する二要素認証オプションにより、さらなるセキュリティー強化も可能です。

運用負荷軽減

インスタントクローン方式

マスターOSの1台のみを操作するだけでよいため、大幅に運用稼働が軽減されます。
人事異動の際も、管理サーバーから仮想デスクトップ上でセットアップするだけでよいため、効率よくセットアップすることが可能です。

その他オプション

他にも、さまざまなオプションをご用意しています。
詳細については、お問い合わせください。

  • リソース追加(マスタOS、ディスク等)
  • リモートアクセス(二要素認証)
  • 経路冗長化オプション
  • その他、多数

特長 02
ご利用状況に合わせて対応できるリソース設計

「AQStage 仮想デスクトップ」は、ご利用状況に合わせたリソース設計が可能です。

  • 仮想デスクトップを一定数単位で追加、削減が可能。
  • 仮想デスクトップのスペックアップ/ダウンが可能。
  • 仮想デスクトップ1台を複数人で共用。
  1. ※ 最小契約数は100仮想デスクトップ/テナントです。
  2. ※ 最低利用期間は1年です。
  3. ※ スペックアップはvCPU, メモリ、ディスクが対象です。

特長 03
クラウド型でもカスタマイズに対応

クラウドサービスは、特定構成での提供が一般的です。
ただ、冗長化等に対する考え方等、お客さま個々にご要件が異なる場合があります。
弊社では、お客さまのご要望に合わせたカスタマイズについて、ご相談を承ります。

特長 04
本番導入前の不安を解消するPoCサービス

仮想デスクトップご検討の際に生じる、導入・運用にあたってのさまざまな不安・課題、新たなご要望に対応するため、PoC(Proof of Concept)をご用意しています。
全社員がご利用する本番導入前に、検証環境で不安・課題等を解消し、本番導入に備えることが可能です。

課題・ご要望例

  • これまでの運用方法との違いは?
  • これまでのアプリケーション設定方法との違いは?
  • 利用したいアプリケーションが想定通りに動作する?
  • 現行環境からの移行方法は?
  • さらなるセキュリティー強化として、分散ファイアウォールを利用してみたい

特長 05
豊富な運用実績でお客さまをサポート

累計運用実績は60,000台以上。運用実績のうち、NTTグループ企業各社への35,000台の大規模導入を誇る豊富な実績とノウハウで、お客さまのビジネスを支えます。 また、既存環境からのデータ移行時、導入後の運用時などにおいても、しっかりとサポートします。

  1. ※ 2021年7月現在
導入先業種等 ご利用数
NTT西日本グループ 3.5万(ユーザ数 8.5万)
その他業種 2.5万(ユーザ数3.6万)

その他業種の内訳

金融業・製造業・配送業・サービス業・流通業・国立研究開発法人・人材派遣業・教育委員会・一般財団法人・情報通信業・独立行政法人・空運業・省庁・大学・地方公共団体

インスタントクローン方式の仕組み・メリット

仕組み・メリット 01
簡単に楽に、設定変更を全台適用

インスタントクローン方式は、1つの「マスターOS」に対して設定変更するだけで、それに紐づく全ての仮想デスクトップに対し、機械的に変更を反映することができます。
手作業と比較して、インスタントクローン方式では、セキュリティー脆弱性パッチ等の全台適用作業に大きな時間をかける必要はありません。

オーストラリアのサイバーセキュリティー組織が挙げる必須対策※の過半数(8個のうち6個)が、OS/アプリケーションへの対処となります。

  • アプリケーションのホワイトリスト化
  • 48時間以内のアプリケーションへのパッチ適用
  • 48時間以内のOSへのパッチ適用
  • ユーザ毎の権限管理と管理者権限の制限
  • デジタル署名がなされてないマクロの制限
  • ブラウザアプリなどの制限

これらの回避策は、通常「マスターOS」に対して実施します。
このとき、インスタントクローン方式のメリットである「簡単に楽に、設定変更を全台適用」を利用することで、より正確に、より迅速に、すべての仮想デスクトップに反映させることができます。
すべての仮想デスクトップへの反映完了までの時間が短ければ短いほど、サイバー攻撃者の攻撃猶予期間を短縮することができ、よりセキュリティーリスクを軽減することができます。

  1. ※ 参考: オーストラリア電子通信局(ASD)「Strategies to Mitigate Cyber Security Incidents」

仕組み・メリット 02
簡単に意識せず、クリーンな環境にリフレッシュ

インスタントクローン方式は、ログオフ時に「仮想デスクトップOS」が削除され、ログイン時に「マスターOS」と同じ状態で再作成されます。
したがって、マルウェア等に感染しても、簡単に、意識せず、クリーンな状態の「マスターOS」と同じ状態に戻すことができます。
仮想デスクトップの利用において、当たり前のように発生する操作で、簡単にセキュリティー対策が可能です。

  1. ※ 本ページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

関連事例

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら