このページの本文へ移動

DX推進は契約プロセスから電子契約ソリューションパッケージ

重要なお知らせ

電子契約イメージ

社内文書電子化による、業務効率化・DX推進を実現する電子契約サービス

2001年に施工された「電子署名法」など、政府主導で環境整備が進められている「電子契約」。
契約合意が成立した証拠として、電子署名やタイムスタンプを付与した電子ファイルを利用する仕組みは、DX推進による業務効率化へとつながります。
しかし、その一方で、関連サービスの選定、導入前の業務設計、導入後の運用、電子化された紙文書の保管など、 電子化への課題もさまざま。
本パッケージは、電子契約をはじめとする電子化サービスを中心に、導入から運用BPOまで社内定着に向けたサポートをトータルに提供することで、社内文書の電子化促進に貢献します。

緊急のお知らせ

ニュースリリース

お知らせ

セミナー・イベント

社内文書電子化をトータルサポート

ポイント 01

契約業務の効率化・コスト削減

契約業務の効率化・コスト削減

契約書の作成~契約締結までの作業工数の削減し、書面契約からのコスト(印刷・押印・郵送・保管)削減を実現。

ポイント 02

内部統制の強化

内部統制の強化

データベース保管により、締結漏れや改ざんリスクの低減、紛失・漏洩のリスク軽減、自然災害時のBCP対策を実現し、コンプライアンスや内部統制の強化。

ポイント 03

導入から運用まで、状況に合わせてトータルサポート

導入から運用まで、状況に合わせてトータルサポート

『電子データ+電子署名』で締結する電子契約サービスをはじめ、目的策定から定着支援までの導入サポート、各種運用BPOなど、電子化実現に向けた包括的なサービスを提供。

特長

特長 01 柔軟な署名方式

無理なく脱ハンコ・印鑑

厳格な本人確認による電子署名(実印版)と、先方の負担がないメール認証(認印版)、そして電子署名+メール認証の署名混在のハイブリッド版により、社内・社外の契約内容に合わせて、契約先の負担に考慮しながら柔軟な使い分けが可能です。

特長 02 充実のセキュリティー

電子契約業務の安全性を確保

電子署名法や電子帳簿保存法に対応し、電子契約の安全性向上を実現(タイムスタンプを活用した原本性の保全、電子証明書を活用した本人性の確保等)。
加えて、フォルダごとのアクセス制限や、ユーザー権限設定・管理等の内部統制機能を標準装備で搭載することで、締結漏れや改ざんリスクを低減します。

特長 03 安全・品質の向上

内部統制の強化にもつながる

本サービス導入後は、BPO運用サービスにて既存の紙契約書の電子化・保管についてもサポート。電子化した文書情報の電子契約サービスへの登録も実施します。豊富な検索条件で、既存の書面契約と電子契約の一元管理を実現します。

関連事例

お問い合わせ

製品・サービスに関するご相談はこちら